母川回帰

ダウン症の人たちのためのプライベートアトリエ、元アトリエ・エレマン・プレザン東京代表、佐久間寛厚のブログです。日々の制作の場で人間の心と創造性の源を見つめています。

2020-07-16から1日間の記事一覧

ダウン症文化論 テキスト版

稲垣くんが来てくれて打ち合わせ。彼のことをアトリエではガッキーと呼ぶ。ガッキーが初めてアトリエに来たのが彼が18才の時。まだ学生だった。それまで東京アトリエにはイサと呼ばれていた関川くんが熱心に通い、大学を出てからはスタッフとして働いていた…